スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本匠整備クライミング パート2!

11月29日、本匠整備クライミング パート2です

先週は上部でしたが今週は下部の整備です!

CCC会員9名+小手川さんの10人でかかりました。天気予報では(40%の雨)だったが、結果的には降らず、しかも暖かくまずまずの一日でした。

resize0057.jpg 

写真の右サイドの岩壁にルートをつくります

ナ、ナント庚申塔が5本も出てきたのです


resize0054.jpg

resize0055_20091201184921.jpg
ここで、一席・・・庚申塔は決してお墓ではありません。


江戸時代に流行した民間信仰(庚申講)に基ずく石碑で、多くは街道筋に設置されていたが明治期の廃仏棄釈で廃棄・遺棄された。
庚申の(申)は(サル・猿)の意であり、三猿(見ザル。言わザル。聞かザル)に通じる。
同様に(申)から(猿田彦)→(道祖神)→(街道に設置)となって行きます。

庚申塔の基礎部に小石を噛ませ、それをセメントで固めて
固定しました。


resize0053.jpg

resize0063_20091201184915.jpg

作業終了、すぐにクライミングです

resize0065.jpg


resize0061.jpg

resize0067.jpg

ここは完成すると、上部エリア・下部エリアともにアプローチは道路から一分。
5・9 ・10台ルートから高難度ルートまでを擁する、
本匠でも人気のエリアになると思います                   ここまで       
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。