スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日ノ影FIRE

11月22日、23日 日ノ影FIREに行ってきた! 途中延岡市の『直ちゃん』で名物の(チキン南蛮
を食べる。 うまい!!

22日は熊本のジム『ザ、ランチ』の定例コンペを兼ねたボルダセッション。 仲間の2人はクラス別入
賞品をゲット

夜は日ノ影温泉入浴後、開会式とバーベキューパーティ。 肉と野菜とアルコールと弾む会話=大満足。

受付風景
受付とTシャツ

開会式、地元区長の挨拶
開会式、区長の挨拶

バーベキュウパーティ
バーベキューパーティ

泊まりは廃校となった学校の講堂でごろ寝

宿泊はこんな感じ
宿泊風景

22日は10:00~15:30まで トポを見ながら自由にボルダセッション、8,9級から1,2段まで
160本の課題があり初めて半年のクライマーから上級者まで全員が楽しめたと思います。
トップロープの課題ボルダ風景

ボルダ風景
ボルダ風景 1

エリア風景
エリア風景


さて、私も閉会式で¥7,140のクライミングパンツをゲット!!
参加費は¥3,000円で日ノ影Tシャツ、トポ、温泉入浴、バーベキューパーティ、クライミングパンツ
これでいいのか? ここまでの大会を作り上げた実行役員の皆様の御努力に感謝します

(追加) 私には日ノ影エリアのグレードはからかった。
スポンサーサイト

比叡山と(=^・^=)天狗峰

以前、登ってみたい岩&ルートBest3 を書きましたが、そのうちの比叡山と阿蘇根子岳天狗峰に登りました。単なる憧れで終わるかと思ってたクライミングの世界に踏み込んで半年、こんなに早く夢がかなうとは思ってもいませんでした。


10月26日比叡山
沢山あるルートのうちの第1スラブ(スーパー)を登りました。
第1スラブ(スーパー)

初めのうちは凄い高度感に、「どうしよう!どうしよう!」とビビッてしまいましたが、
段々慣れてきて景色を楽しむことが出来ました。
す、すごい高度感!!

こんな高い岩を登るのも初めてですが、マルチピッチも初めて!!
リードする人の大変さやピッチの手順やらを見せて頂き、私も早く出来るようになりたい!!
と強く感じました。
次のピッチへ準備中





11月2日根子岳天狗峰
ノコギリ状の岩峰連なる根子岳、その中でもひときわ高くそびえるのが天狗峰です。
その登攀には、簡単に登山者を寄せない登竜門がありました。天狗峰

6~7mの岩トラバース、クライミングレベルから言ったらそんなに難しくはないんでしょうが、
なんと言ってもこの↑山容、ヒョイヒョイとは登れません。

↓フィックスとビレイと2本のロープをかけて頂き慎重に渡りました。e0091975_10324893.jpg

終了点まであと少し。。。ふぅ~~恐かった!!e0091975_10333732.jpg

↑ココを過ぎるとあとは一般登山道、でも(姿から伺えるように)幅の狭い急坂が待ってます。
また下山時に感じたことですが、登るより下りの方が足元が見えずハラハラドキドキ恐かった。e0091975_12421416.jpg




比叡山と天狗峰、身につけた僅かなクライミング技術の総動員で頑張ったつもりでしたが、
ハラハラドキドキのマルチピッチとトラバース、やはりベテランさんの声かけが一番の見方でした。
教えていただいたことを、一つ一つ定着させ安全で確実なクライミングが出来るようこれからも頑張りたいと思います。
by rainy

阿蘇根子岳天狗岩の紅葉と岩

11月2日(日)、会員山行で阿蘇根子岳の天狗岩にGO!
登山口での紅葉を見て、天狗のコルから見る地獄谷の紅葉の素晴らしさを確信する。
スタートの紅葉少し大きい文字"0" />
天狗峰への岩場では『100%の安全』のためにトップがロープを2本引き、一本を壁にFIX.
もう一本でフォローを確保。 フォローはFIXロープにセルフビレイを取り、上からも確保される
というシステムで全員安全にトラバース終了。
トップが行く。
天狗のコルから見る紅葉は最高! ローソク岩から天狗への縦走チームも見れて、充実の
一日でした。下の写真は天狗岩・ローソク岩の縦走パーティ・地獄谷の紅葉・東峰の紅葉・トラバース中・です。

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。